骨盤矯正

骨盤矯正

kotsubanゆがみは体の様々な部分で生じています。骨盤はその中の一部でしかありません。しかしここで特に骨盤の矯正を取り上げるのは、矯正の結果、体に一番影響をあたえる場所だからです。当院では治療を行う中で、改善の為に必要な場合にのみ矯正を行うようにしています。

骨盤のゆがみについて

体をまっすぐにしているつもりでも、知らず知らずのうちに前後・左右、またひねった状態などに体はゆがんでおり、ほとんどの人が体のどこかにゆがみを生じています。 また、ゆがむことによって、バランスを取っているとも言えます。
ですからプロのアスリートでもない限り標本のようにパーフェクトな人はいません。
では、いらっしゃる患者さん全てのゆがみを取らなければならないかというと、実はそうではありません。見てすぐわかるようなゆがみを持っている方でも、問題なく健康に生活を送っていることもあります。
その痛みや症状の原因が骨盤や背骨のゆがみに起因し、基本的に筋肉バランスの調整だけでは回復が難しい状態の時に調整が必要となります。
また、骨というのは必ず筋肉に付着しています。筋肉が硬く動きづらい状態のときに骨だけ無理やり位置を直しても、硬い筋肉にひっぱられて、直ぐに元の位置に戻ってしまいます。
そこで、当院ではほとんどの場合、骨盤などの矯正の前に、その周辺の筋バランスを整えた上で動きの悪い関節を本来ある形に戻す手技を行っています。
ただ矯正をしてまっすぐに直すのではなく、まずは体が正常な状態に近づきなるべく負荷をかけないようにし、矯正が一番効果的に効くような手法を使っています。矯正が必要か必要でないか、患者さんひとりひとりの状態に合わせてしっかりと診察した上で方針を決めています。